Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamatalk.blog3.fc2.com/tb.php/176-86e79c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京里帰りプロジェクト(東京都助産師会)

ひぃちゃんです。

私は母として、このプロジェクトに賛同します!
とってもいいプロジェクトだと思う。

『東京里帰りプロジェクト』
http://www.satogaeri.org/

以下、東京都助産師会のサイトより転載

『東京里帰りプロジェクト』は、「寒い被災地にいる妊婦さんや赤ちゃんに一刻も早く安心できる環境・温かいお部屋と食事を!」をスローガンに、東日本大震災で被災され、東京に避難を希望する全ての妊産婦さんが東京に避難し、安心して産前産後の生活を送れるよう、東京都助産師会を母体として始動したプロジェクトです。

被災地では、雪が降るほど寒い中、車の中や暖房のない場所で連日寝泊まりしている妊産婦さんが大勢います。

食料不足のため母乳がうまく出ず、しかしながらミルクも十分に与えられない環境下で、赤ちゃんに十分な栄養が行きわたらなかったり、また、流産や出産のリスクが高まったりしてしまう悲惨な状況が続いています。

このプロジェクトは、助産師が出産および産前産後の生活をボランティア家庭と協力してお手伝いすることで、被災地の妊産婦さんが実家に「里帰り」するような気持ちで安心して過ごせる環境を提供します。

東京都内にある25ヵ所の助産院では、常時、産前産後の方約50人の受け入れが可能です。

助産院では約1週間から1ヶ月間、助産師常駐の快適な環境のもと、温かい雰囲気で心身ともにリラックスして過ごすことができます。病院でご出産後の方も受け入れます。

一定期間滞在後は、①助産院と提携を結んだ一般協力家庭に移り、ホームステイ
②行政・企業が準備する施設に入居の形で数ヶ月間の都内滞在を続け、その間、助産師が定期的に訪問し、ケアを行います。

費用として、東京都助産師会が独自に募る寄付、自治体からの補助金、ジョイセフからの寄付金等を充当予定です。

震災後約1年間の期間を予定しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamatalk.blog3.fc2.com/tb.php/176-86e79c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

はなび

Author:はなび
東大和市で子育て情報を交換しつつ、時間が合えば、いろんなことを一緒に体験している仲間のサークルです。
☆くまさん
☆ひぃちゃん
☆さこちゃん

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。